女性

遺品整理は専門業者の利用で安心|葬儀はお任せなサイト

儀式の詳細

葬儀は、各時代や各文化圏ごとに、その時々の場所ごとの風俗習慣、宗教というものと分かちがたく結びついたものです。その形式は、その文化圏の時代の特有の価値観や宗教観によって決まっていました。そんな特徴がある今、話題になっている直葬もそのひとつであると言えるでしょう。直葬は、その名の通り「直接、葬る」という形式で行われる儀式です。正確に書くならば、「儀式」は行われない場合が多いです。というのも、この形式の中心に来るのはいきなり「火葬」なのです。人が臨終を迎える場所としては病院や自宅が多いが、直葬の場合にはその場から遺体を搬出し、まっすぐ火葬場へ向かうことになるでしょう。通夜や葬儀・告別式などは行わずに、法律で定められた「死後24時間」は待機し、その間に役所などへの届け出を済ませるのです。法律によって、人は亡くなってから24時間は火葬することが出来ないからです。最低限の準備が整うと、すぐ火葬を行うのが一般的です。また、遺品整理の業者は事前に決めておくと良いでしょう。通夜や葬儀は慌しくなる可能性もあり、業者を決めておかないと故人の遺品をしばらく放置しておくことになってしまいます。遺品整理を終えて初めて、故人が天国に逝ったと実感するのではないでしょうか。

上の概要を見てもわかるように、直葬の特徴としてあるのはそのシンプルさでしょう。葬儀というものは、祭壇や遺影や棺、霊柩車や仏壇や専用の白無垢など、質素ではあるが種類の多い道具などの物が必要だとされてきました。この儀式に参列する人は、喪服を着て葬祭場に入り、花祭壇を形づくる花々の香りを嗅ぎ傷ひとつない白木の遺影を眺め、僧侶の読経を聴くのです。直葬の登場は、そのような場であった葬儀を一変させたと言っても過言ではありません。そこで必要になるのは焼かれるための棺であり、必要最小限の火炎であり、そして設備なのです。

供養までしてくれる

故人の遺品は、親族にとってどんな思いがあるのでしょうか。故人しか理解できない価値があるかもしれません。遺品整理士なら価値の理解から供養まで丁寧に行ってくれるので、相談してみましょう。

View Detail

整理してくれる

遺品整理士という専門的な職業があります。故人の遺品を親族に代わって整理してくれるので、大変便利なサービスだと言えるでしょう。故人の家族や通夜や葬儀で忙しいので、利用してみると良いです。

View Detail

終活の流れ

ある程度の歳を重ねてくると、自分がどんな最期を迎えるのか考えるようになるのではないでしょうか。自分のエンディングノートを作成してみる事で、死と向き合う準備が出来るかもしれません。

View Detail